アウンのメールマガジン(((AUN-knots)))
関連のお知らせ

(((Inbound Marketing News)))「 中小企業の約半数にインバウンド顧客がいる 」-2018/2/2

トップ画像
トップ画像

▼ 今週の注目とトピックス
中小企業の約半数が
「インバウンド顧客がいる」

 

HOT

中小企業の約半数が
「インバウンド顧客がいる」

 

日本政策金融公庫総合研究所はこのほど、中小企業における外国人観光客受け入れに関する調査を実施しました。 それによると、顧客にインバウンドがいる企業の割合は47%で約半数。業種別では宿泊業(84.4%)が最多。続いて運輸業(69%)、飲食店(57.6%)と続きました。

 

 

MEDIA

中国人女性が「高級コスメ」を
買いまくる必然

 

訪日外国人の消費支出の目玉は、化粧品である。インバウンド消費の売上高は為替レートに影響されやすいにもかかわらず、化粧品の売上高は堅調に推移しています。

 

 

MEDIA

個人で訪日した旅行者、
ホテルを「ネットで予約」は8割、
人気の「周遊パス」はタビナカ購入が主流

 

日本政策投資銀行(DBJ)と公益財団法人日本交通公社(JTBF)はこのほど、アジアと欧米豪12か国・地域を対象に、訪日旅行時の行動に関する調査を実施しました。

 

 

SERVICE

バニラエア、福岡=台北線の開設について

 

バニラ・エア株式会社は、2018年夏期運航スケジュールより、福岡=台北(桃園)線の就航を決定いたしました。

 

 

SERVICE

姫路城、夜の観光客
「開けても赤字」閉店多く

 

訪日外国人客の消費額を押し上げる一手として、夜に買い物や飲食を楽しんでもらう「ナイトタイムエコノミー」が注目されていますが、 人手不足や近隣の商店街への影響など課題は多く残るようです。

 

 

▼ 編集者より

インバウンド市場が成熟していく中で、
リピーターの訪日客の中には日本人も知らないような
地方の名所に観光に行く人も少なくないようです。
「モノ消費」から「コト消費」、
「主要観光地」から「地方の名所」。
国ごとに多少差はありますが、
このトレンドの動きは今後定番化していくでしょう。
ターゲットの国や地域に合わせた
プロモーションが求められます。

 

トップ画像
トップ画像
フェイスブック ツイッター

※当メールは、弊社がお名刺交換をさせていただいた皆様へお届けしております。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
配信停止希望の場合は、[##__CANCEL_URL__##]をクリック

社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にお願いします。
無断転載は禁止しております。転載の際は必ず出所を記載してください。

お問合せ / Contact us

Tel 合わせ
Top