最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

米国 ヒスパニック系人口増加トレンド継続
 101郡でヒスパニック系が郡総人口の過半数を超える

2022年03月17日
キャンペーン

101郡でヒスパニック系が郡総人口の過半数を超える

  米国のヒスパニック人口は2020年、621万人となり、200年代と比較して23%の増加したとピュー・リサーチ・センターが報告しています。米国全体の人口増は同期比7%なので、ヒスパニック系の増加が著しいことがわかります。依然として、歴史的にヒスパニック系が多い9つの州(アリゾナ、カリフォルニア、コロラド、フロリダ、イリノイ、ニュージャージー、ニューメキシコ、ニューヨーク、テキサス)に多くの人が居住していますが、1990年には、先述の9つの州に、ヒスパニック系全体の86%が住んでいましたが、2020年は73%と減少しています。ニューメキシコ州は、2010年、米国内ヒスパニック系居住地の9位でしたが、2020年は、州総人口の48%をヒスパニック系ですが、米国内ランキングでは、ジョージア州、ノースカロライナ州、ワシントン州、ペンシルベニア州に人口数で抜かれ、13位となっています。全米3,140郡のうち、101郡では、ヒスパニック系人口が総人口の過半数を超えています。そのうち、87郡は南西部のメキシコとの国境付近の郡ですが、南東部のフロリダのマイアミ・デイド郡(57%)や東部NYのブロンクス(55%)などもあり地域が広がっています。(参照※1)地域によっては、米国への広告配信は、地域によっては英語だけでなく、スペイン語も考慮したほうがいいのかもしれません。

2020年 米国・郡別 ヒスパニック系居住分布

【出典元】
※1 U.S. Hispanic population continued its geographic spread in the 2010s | Pew Research Center
https://www.pewresearch.org/fact-tank/2022/02/03/u-s-hispanic-population-continued-its-geographic-spread-in-the-2010s/

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押してください。

Top