最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

グローバルマーケティングコラム
東南アジア ホリデーシーズン消費動向レポート

2021年12月16日
キャンペーン

インドネシア、シンガポール、フィリピンの消費トレンド

シンガポールに本社を置く世界最大級のモバイルプラットフォーム企業、InMobi が、東南アジア(インドネシア、シンガポール、フィリピン)のホリデーシーズン消費動向レポートを公開しています。
2021年8月12日~9月30日の間に行ったアンケート調査で、今年のホリデーショッピングはオンラインでとの回答が56%、オンラインと実店舗両方(37%)との回答とあわせると93%の人がオンラインショッピングを計画しています。そのうち39%がオンラインショッピングを始めたのは半年以内のニューカマーです。さらに、回答者のうち24%はオンラインショッピングの予算を増やす予定と答えています。一方、実店舗での買い物は47%が少なくなると答えています。(参照※1、グラフa)

どこで買う?

「どこでセール情報などを探しますか?」「ホリデーシーズンの買い物リサーチはどのチャネルで行いますか?」「購入はどのチャネルで行う予定ですか?」という3つの質問、全てでモバイルがトップです。(参照※1、図1)

東南アジア消費者 場面別利用チャネル

また、東南アジアは多様性に富んだ地域です。購入時期やセールスキャンペーンの種類など国によって大きく異なります。これらの国をターゲットとしているのなら、とても参考になるレポートです。

【出典元】
※1 2021 SEA Festive Season Insights Report – InMobi
https://go.inmobi.net/hubfs/2021%20SEA%20Festive%20Season/2021%20SEA%20Festive%20Season%20Insights%20Report.pdf

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押してください。

Top