最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

グローバルマーケティングコラム
Skift 旅行回復指標 2021年5月レポート

2021年07月13日
キャンペーン

4月比では日本がレッドゾーン入り

  旅行情報メディアのSkiftは、旅行会社や航空会社へ予約システムを提供するAmadeusなど多数のパートナーデータをもとに、旅行回復指標を、2020年1月から毎月レポートしています。6月号では、世界各地の人の移動や新規感染者数とSkift旅行回復指標で世界各国をマトリクス表に配置しています。2021年平均を前年比でみると、危険なレッドゾーンには、インドやアルゼンチン、ブラジルなど感染拡大が続く国がありますが、その他の多くの国は安全なグリーンゾーンに位置していました。しかし、2021年の4月と5月を比較すると、新規感染者数の増加により、タイと南アフリカ、シンガポール、そして日本もレッドゾーン入りしています。(参照※1、グラフa)また、Skiftもワクチンが予想した以上に旅行への楽観的な意識をもたらしていて、ワクチンに関するデータがまだ少ないことから、まだ仮定ではありますが、ワクチン普及率と旅行業回復には強い相関性が生じる可能性が高いと予測しています。(参考※1)

新規感染者数とSkift旅行回復指標マトリクス 2021年5月

【出典元】
※1 Skift Recovery Index May 2021 Highlights | Skift
https://research.skift.com/recovery/may-2021-highlights/

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押してください。

Top