最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

グローバルマーケティングコラム
ワクチン接種加速の経済効果

2021年07月13日
キャンペーン

1日100万回を達成できれば2021年度GDPが1%伸長

  6月18日、みずほリサーチ&テクノロジーズがワクチン接種加速の経済効果を分析したレポートを出しています。日本でも5月以降、ワクチン接種が急加速していますが、ワクチン接種ペースが今後さらに加速すると、日本経済を大きく押し上げる可能性がある、としています。ワクチン接種ペースが仮に1日100万回に達すると、経済正常化のタイミングが前倒しとなり、約6兆円の経済効果が生まれ、2021年度GDPを1%程度押し上げることができる予測です。この1日あたり平均100万回の接種ペースは、国際的に見ると決して不可能な数値ではなく、人口100人あたり1日平均0.8前後の英国、シンガポールなどの水準に日本の平均(現0.68回)も近づいてきています。(参照※1、グラフa)2021年度のベースライン、1日50万回接種から、 1日100万回、125万回それぞれの接種ペースが実現した場合、コロナ禍で一番影響を受けた対人サー ビス業の売上への影響を試算すると、100万回で9%~19%、200万回で15%~31%の売上増が見込まれます。(参照※1、グラフb)ただし、世界各国、接種率が上昇するにつれて接種ペースが次第に鈍化する傾向にあり、日本でも特に若年層のワクチン接種意向が米国並みに低いことから、正しいワクチン情報の提供とともに、政府によるワクチン接種への経済的インセンティブ付与制度の検討が急がれます。(参照※1、グラフc)感染力が強いとされるインドで最初に発見されたデルタ型変異株や、南米で発見されたラムダ変異株など、不安はつきません。世界情勢をみても、ワクチン普及こそ最大の経済対策であることは明白です。ワクチン接種スピードが加速し、一日も早くこのコロナ禍が収束することを願います。

日米英ワクチン接種意向

※1 みずほインサイト ワクチン接種加速の経済効果 |みずほリサーチ&テクノロジーズ
 https://www.mizuho-ir.co.jp/publication/report/research/index.html

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押してください。

Top