最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

グローバルマーケティングコラム
旅行検索増加 Microsoft Advertising Blog

2021年05月17日
キャンペーン

米国 旅行広告に今必要なヒント

  ロックダウンが緩和され、職場が再開し、夏の休暇への期待が高まるにつれ、旅行に関する検索が増加しています。Microsoft広告が2021年4月にアンケート調査したところ、休暇旅行の目的第1位は、「以前訪れた大好きな場所への再訪」が1位で45%、「友人や家族との再会」が42%、「メンタルヘルスのため・気晴らし」が38%です。コロナ前なら、上位を占めていたであろう、「新しい場所」や「新しい食べ物体験」より、ポストコロナ特有の旅行理由が上位を占めています。(参照※1、グラフa)旅行者のニーズを理解し、旅行キャンペーンには、「safety(安全)」や「wellness(健康)」といった、キーワードを取り入れましょう。旅のタイプでは、ビーチとドライブ旅行がこの夏の休暇プランの2大人気でした。Microsoftの検索データでも、マイアミやバージニア、マートルビーチなど、米国内の有名なビーチ検索が2020年と比較して400%も増加しています。また、アンケート回答者のうち75%はパンデミックのために旅行をキャンセルし、現在、今年の夏の休暇旅行を計画している64%も感染拡大のため旅行をあきらめた人です。半年、または1年、旅行に行けていないということは、その分、貯蓄しているということです。Microsoft広告は、4月~5月にかけて、旅行予約やハイエンド旅行、ツアーオペレーターに関する検索が急増すると予測しています。宿泊や航空券予約、クルーズ船や観光地の検索も緩やかに増加するでしょう。北半球では、夏の休暇が近づくにれ、旅行関連のクリック数も大きく増えています。(参照※1、グラフb)苦しかった2020年を乗り越え、2021年を実り多い者にするために、旅行業界は、旅行者が最終決定してしまう前に、旅行広告キャンペーンを打ち出す必要があります。(参照※1)米国は、国内旅行復活にフルスロットルです。

休暇の目的
旅行関連クリック数推移

【出典元】
※1 Travel searches take off: 4 Travel advertiser tips to use now | Microsoft Advertising Blog
https://about.ads.microsoft.com/en-us/blog/post/april-2021/travel-searches-take-off-4-travel-advertiser-tips-to-use-now

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押してください。

Top