最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

インバウンドコラム
11月11日 ダブル11(シングルデー)セール

2020年10月13日
キャンペーン

中国越境EC参入に重要なSNS

  2019年にはアメリカの年末商戦開始セール、ブラックフライデーからサイバーマンデーまでの4日間のセールスを上回る、384億ドル(約4兆1000億円)を記録し、世界最大のセールデーとなった11月11日。(参照※1、グラフa)コロナ禍でも順調に売上を伸ばしているAlibabaは、「海外旅行に行けない今こそ、越境ECの需要が高まっている」として、積極的に海外ブランドの参入を促しています。ただ、Tmallをはじめとした中国マーケットプレイスへの参入障壁はなかなか高く、また中国のインターネットグレートウォールに阻まれ、日本国内のウェブサイトに中国からの流入を促すのは至難の業です。そんな中、手軽に中国の消費者へ情報を届けるためにSNSは欠かせません。インターネットユーザーのほとんどがモバイルで、メールアドレスを持つ人も少ない中国市場へ売り込むためには、必須ツールです。WeChatは、単なるメッセージアプリではなく、ユーザーはWeChatでニュースをチェックし、タクシーやレストランを予約し、お店の支払いや公共料金の支払をし、生活に欠かせないアプリです。WeChatでは、オフィシャルアカウントを開設すると、Wechatストアを開設することができます。支払いはWeChatでワンクリックです。(参照※2、写真1)コスメやファッションなら、Z世代(1995年~2009年生まれ)の女性ユーザーが多い小红书(Little Red Book)が最適です。公式アカウント登録料金が、TmallやJD.comなどのショッピングプラットフォームより遥かに安く、WeChatやWeiboよりも申請の条件と申請時間が少ないことが特徴です。(参照※3、写真2)

ダブル11(シングルデー)セールとアメリカの年末商戦開始セールの売上比較
Wechatストア
小红书(Little Red Book)

中国市場の情報収集をしているときにも、企業のプレスリリースはほとんどWeChatやWeiboで、各種記事も全文を読むには「続きを読む」ボタンの代わりに個別にアプリダウンロードが必要などが最近、特に増えてきた印象があり、中国の方は私達が日常、目にしているようなWebページをほとんどみないのかもしれないなぁ、と感じます。中国への越境EC参入をお考えなら、自社サイトの中国語翻訳よりSNS、かもしれません。

※1 Alibaba's 11.11 in 2019 | Alizila.com
https://www.alizila.com/alibabas-11-11-outstrips-biggest-us-shopping-holidays-in-2019/
※2 中国WeChat戦略 - Marketing China
https://www.marketingtochina.com/5-strategies-to-sell-more-on-wechat-for-small-medium-company/
※3 小红书有料広告 - Marketing China
https://www.marketingtochina.com/introduction-to-xiaohongshu-paid-ads-system/

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押してください。

Top