最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

インバウンドコラム
米国消費者動向

2020年09月17日
キャンペーン

SNSショッピング興隆

  ドイツ最大のマーケットリサーチ会社GfKが、2020年1月~3月に25カ国でおこなった調査によると、アメリカの消費者のうち、52%が、必要とする製品やサービスのほとんど100%がオンラインで購入できると回答し、昨年48%より増加し、過半数を超えました。新型コロナウィルスの感染拡大により、オンライン・ショッピングはますます増えてきています。中でも、SNSでの購入が増えてきていて、アメリカ人のほぼ5人に一人は、SNSの購入ボタン(18%)や購入可能なポストやストーリー(16%)から商品を購入したことがあると回答しています。いずれの回答も昨年から5~4%増加しています。また、15歳~22歳のZ世代の若者にいたっては、2020年の全体よりほぼ倍の37%が、SNSの購入ボタンから、30%が購入可能なポストやストーリーから購入したことがあると回答しています。(参照※1、グラフa)

アメリカにおけるSNSショッピング興隆について

※1 SNSショッピング興隆 - Marketing Charts
https://www.marketingcharts.com/digital/social-media-114210

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押してください。

Top