最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

インバウンドコラム
新型コロナウィルス マーケティング担当者は機敏で柔軟な対応を

2020年03月12日
キャンペーン

収束時期はみえません ニーズを掴み素早い対応が求められます

中国では、猛威を振るう新型コロナウイルスによって、何千人もの人々が、入院や自宅隔離を強いられています。このストレスフルな環境で消費者がなにを求めているかを把握し、マーケティング戦略を練り直す必要があります。新型コロナウイルスの流行は、経済と消費者行動に大きな影響を与えるでしょう。2003年SARSの流行時には中国のGDP成長率は2パーセント低下しました。フランスのマーケティング会社Publicis Mediaのレポートによると、今回は1%の低下が予測されています。(2月7日現在)

2003年のSARS流行時には、交通、宿泊、ケータリング産業が大きな影響を受け、2003年第2四半期の成長率が30%以上鈍化しました。ただし、すぐに回復し、2003年第3四半期には通常の成長率へ戻りました。今回のアウトブレイクの持続期間が、もし短期的なものなら、中国政府の景気刺激策と各企業の投資継続により、第3四半期か第4四半期には、消費者の消費意欲も高まると予想されます。しかし、もし第2四半期を超えて長期化するとそれだけ、経済損失は大きくなります。

企業の広告予算は、小売業と観光業が最も影響を受ける可能性があると警告しています。医薬品や飲食品については、それほど影響はでない予想です。多くの人が外出を避けているため、屋外広告や映画広告は大きな痛手を被っていますが、オンラインメディアは、活況を呈しています。ゲームアプリやビデオアプリのダウンロード数は大きく増加し、例えば、ゲームGlory of Kingsは1月24日に24億ドル(2,452億円相当)のキャッシュフローを記録し、ライバルの陰陽師ゲームもiOSアプリ人気ランキングで3位にラックアップしました。スマートTVの使用が増加し、中国の长虹(Changhong)など動画コンテンツサービスが、春節期間中に特別サービスを開始し、会員を増やしています。

このような困難な時期にも、消費者の注意をひきつけ続けることが重要です。SARSの時は、消費は減少したのではなく、短期的に抑制されただけでした。ウイルスの流行が収束すれば、直後に消費需要は回復すると見込まれています。また、SARSのあと、中国はeコマースや物流の新時代を迎えたように、今回の流行後も、新しいeコマースチャネルの出現が予想されます。マーケティング担当者はその最新チャネルへ注意を払うべきです。(参照※1、図1)

コロナウイルスにより影響を受ける産業

※1 新型コロナウイルス対策 - Campaign Asia-Pacific
https://www.campaignasia.com/article/as-coronavirus-peaks-marketers-need-to-be-nimble-with-plans-agency-networks-say/458059

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押してください。

Top