最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

インバウンドコラム
国外の URL へのアクセス、制限されている? 中国 強まる情報統制

2019年11月20日
キャンペーン

豆瓣 中国ネチズンの心の拠り所 最後の聖域 閉鎖の危機!?
  「豆瓣Douban.com」という中国のSNSをご存知でしょうか?北京の伝統的な細い路地「胡同hútòng」にちなんで名付けられ、意味は豆の二葉を意味します。まだWeChatもWeiboもない2005年に設立され、フォローしている人のミニブログが読めるフィードと映画や本、音楽のレビューセクション、PRの3つの機能が主で、既存の西洋サービスの模倣ではない、数少ない中国独自のSNSプラットフォームだと言う人もいます。(参照※1、図1)WeChatやWeiboよりユーザー数は少ないですが、月間ユーザー数は3億で、それも熱心なユーザーが多いといわれています。以前から、炎上により、閉鎖により、新しいフォロワーが参加できなくなったグループ(掲示板のような機能)はありましたが、60万のメンバーのいる、人気のグループが天安門事件から30年の6月4日、1か月間閉鎖されました。そして、10月6日、6月に凍結されたグループと他に2つの人気のグループが再び凍結されました。同じ日に「ブロードキャスト」と呼んでいる、サイトのニュースフィードのような機能も凍結されました。これに動揺した豆瓣ユーザーは多く、中国に残された比較的自由なプラットフォームが脅かされていると「#豆瓣難民」というハッシュタグが生まれました。これだけでなく、映画評サイトとして知られてきた豆瓣で、最近、中国の情報統制を揶揄して中国での放送が禁止されたアメリカのアニメ「サウスパーク」を豆瓣で検索すると、「関連法規により検索結果は表示されません」と表示されます。(参照※1、図2)弊社クライアントで、最近、中国の検索エンジン百度の検索数が落ちたお客様がいました。原因ははっきりとはわかりませんが、弊社の中国人スタッフによると、香港のデモと国慶節が重なり、検閲がとても厳しくなっていて、国外のURLへのアクセスももしかしたら、制限されているのではないか?とのことです。

豆瓣Douban.com
豆瓣Douban.com

※1 中国の「精神角落」豆瓣 | Abacus
https://www.abacusnews.com/who-what/how-douban-went-chinas-imdb-its-spiritual-corner/article/3032510

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押してください。

Top