最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

インバウンドコラム
Ctrip レンタカー予約プラットフォームを世界展開

2019年09月04日
キャンペーン

Trip.comで日本語サービス開始

  アジア最大で世界でも第2位のOTA、Ctripが、海外レンタカー予約の日本語サイトをローンチすると、発表しました。Trip.omは、2018年8月に海外レンタカーサイトを英語、繁体字、韓国語で開設し、これまでの航空券や列車のチケット、ホテル予約を超える人気サービスとなっています。日本語サイトの開設は、このサービスの人気を、さらに高めることでしょう。2019年上期のうち上位10位の市場において、レンタカーユーザーの80%は、イギリスや韓国、香港、オーストラリア、アメリカなどからの利用者で、レンタカーを利用する目的地は、50%以上がアメリカ、オーストラリア、タイ、イギリスで占められ、日本と韓国も人気の目的地です。(参照※1、グラフa)中国から海外へ旅行するユーザー対しては、Ctripでは、200以上の国を対象に、運転免許証の翻訳証明を発行するサービスを提供しています。また、海外から中国へのインバウンド旅行者には、中国国内での運転証明書やレンタカーを借りる方法について、多言語ガイドサービスを用意しています。

  実は、以前安い日本国内線航空券を探していた時、気が付くとTrip.comから購入していたことがあります。買収したスカイスキャナーそっくりのUIで、操作性が高く、メールで送られてきた、航空券控えPDFを開いてみると英語で、あれ?おかしいな。国内線予約なのに?と疑問に思い、その時はじめてTrip.comで予約したことに気が付きました。最近、また、今度は国際線を購入したところ、eチケット控えが日本語になっていて、大雑把に初めて、どんどん進化する、中国スタイルを実感しました。レンタカー予約もすさまじく席捲しそうな予感がします。

Trip.com カーレンタル 予約地と利用目的地
Trip.com カーレンタル 予約地と利用目的地

※1 Trip.com が日本レンタカー予約開始
https://www.prnewswire.com/news-releases/tripcom-rolls-out-overseas-car-rentals-in-four-major-language-markets-300892132.html

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押してください。

Top