最新情報をお届け
メルマガ登録はこちら➔

インバウンドコラム
ラグビーワールドカップ開幕まであと1か月!

2019年08月21日

試合開催地全国12か所 主な会場の宿泊予約動向は?

  ラグビーワールドカップ2019日本大会は、9月20日~11月2日の期間、日本全国12都市で開催されます。日本観光振興協会が、観光プラットフォームに収録されている、6ヶ月先の宿泊動向データから、開催地の宿泊予約動向を公表しています。(参照※1、図1)
  ワールドカップは、プールと呼ばれる何組かに分かれて、組ごとに総当たり戦で予選を行います。協会は、全国12会場の内、4試合以上が開催される会場の周辺地域を対象に、宿泊の予約動向を調査しています。(参照※1、表1)宿泊強度グラフから、プール戦が行われる当日や翌日の宿泊強度がとても高いことがわかります。(参照※1、表1、グラフa、b、c)例えば横浜の試合日程、9月21日(土)・22日(日)、10月21日(土)・13日(日)、10月26日(土)・27日(日)、11月2日(土)に、宿泊予約強度が高くなっています。(参照※2)他の調査都市でも同様の傾向が見られます。予約の内訳を見てみると、横浜は、国内からの予約が多く、海外からの宿泊予約は10~20%にとどまっていますが、調布では、日本戦の前後は国内予約が多い傾向にありますが、日本戦以外の試合では、海外からの宿泊予約が半数を超える日も多くあります。(参照※1、グラフd、f)

※1 ラグビーワールドカップ|日本観光振興協会
https://kankouyohou.com/docs/newsrelease_20190703.pdf
※2 試合日程|ラグビーワールドカップ2019日本大会
https://www.rugbyworldcup.com/matches

最新のコラム

Contact us

お問い合わせ

少しでも不明点等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

※こちらからの営業目的の連絡はご遠慮ください。

アウンコンサルティング株式会社が提供するサービスについて、資料請求、お問い合わせをお受けしております。
必要事項ご記入の上、「確認画面へ」ボタンを押してください。

Top